子供遺伝

ワキガは子供に遺伝するのか?

「もし、自分の子供がワキガになってしまったらどうしよう、ワキガは遺伝するのだろうか?」

と、ワキガの方は、一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

ワキガは多少の違いはあれど、人生に影響を与えてしまう要因です。
気になるのも当然だと思います。
そこで、この記事では、そんなワキガと遺伝の関係について解説していきます。

そもそもワキガとは?

ワキガの方は、汗と供にタンパク質や皮脂を多く分泌する、アポクリン汗腺を多く持つ方のこと指します。

そして、アポクリン汗腺から発汗されるタンパク質や皮脂を多く含む汗による臭いは、独特な臭いを発生させます。

ワキガと遺伝の関係

ワキガ遺伝
残念なことですが、ワキガは遺伝します。

しかも、ワキガは優性遺伝されるので、両親のどちらか片方でもワキガの方がいると、子供もワキガになる確率は高くなります。

片方がワキガの場合には約50%
両親がワキガの場合には約80%

の確率で、遺伝すると言われています。

多くの場合、思春期でワキガかどうか判明する

ワキガ判別
自分の子供が、ワキガかどうかは思春期の頃に判明する場合が多いです。

これは、ワキガの臭いの原因となるアポクリン汗腺が、思春期の頃に発達を始め、その頃から、ワキガの独特な臭いが出てくるからです。

そしてもし、ワキガが遺伝してしまった場合には、周りの心理的なサポートが必要になると思います。

世の中には心ない人も沢山います。
そして、子供社会は大人社会とは違い遠慮がありません。
そのため、ワキガというだけで、本人に責任がないにも関わらず辛い思いをすることもあると思います。
そんな時に、心理的に助けてあげられるように、気を配ってあげることが大切だと思います。

ワキガが子供に遺伝する確率についてまとめ

まとめ

両親のどちらかがワキガだと、高い確率で子供もワキガになります。

そして、子供の頃にはワキガによって辛い思いをすることもあります。

そのため、もし子供がワキガだと分かったら、出来るだけ早く、ワキガのことや、生活のアドバイス、ワキガの治療などの話をすることが必要であり、大切なことだと思います。