手汗止め方

手汗の止め方をまとめてみました。

手汗の止め方(抑え方)は数多くあり、自分に合った方法を選ぶのが一番だと思います。
ここでは、私が知っている手汗の止め方(抑え方含む)をまとめてみました。
あなたに一番あった手汗を止める方法を見つけられれば幸いです。

手汗の止め方 その1、手汗に対してのストレスをなくす。

ストレス解放
手汗が多くでてしまう原因は精神的要因が原因の場合が多いと言われています。
手汗が多い事を意識する余り、手汗に対してのストレスが溜まり悪循環を生みだす可能性があります。
ストレスを溜め無い方法としては、例えば、彼氏や彼女に手汗の事を隠すのではなく、思い切って先に手汗の事を告白すると楽になると思います。

手汗はストレスが原因!?ストレスを手汗の関係とは?

手汗の止め方その2、ツボを押してみる。

手のツボ
今すぐ、手汗を減らしたいと思ったら、手汗を抑える効果のあるツボを押してみてはいかがですか?
・労宮(ろうきゅう)・・・手のひらの中心にあるツボ
・合谷(ごうこく)・・・手の甲の親指と人差し指の付け根の骨の間にあるツボ
・復溜(ふくりゅう)・・・アキレス腱とうちくるぶしの間にあるツボ
もっと詳しいツボの位置についてはこちらの記事をどうぞ「手汗を抑えるツボ

手汗の止め方その3、手汗パウダーファリネを使う。

ファリネ
使った瞬間から手がサラサラになって手汗を抑えてくれるとテレビや雑誌・口コミで評判が高い手汗専用のパウダーファリネ
管理人の私も使っていますが、急な手汗に大変重宝しています。
手汗が気になったらファリネパウダーをポンポンとするだけでサラサラ効果が2時間程度続きます。
おまけに手にやさしいので敏感肌の人にもおすすめです。
めんどくさがり屋さんにも使いこなせる簡単使用です。
ファリネ公式HP:ファリネ

ファリネに手汗を抑える効果はあるの?実際に使った感想

手汗の止め方その4、手足用デトランスα(塩化アルミニウム)を使ってみる。

デトランスαボトル
手汗を抑える成分、塩化アルミニウムが配合されている制汗剤を使ってみるのもひとつの手です。
塩化アルミニウムが配合されている制汗剤は、手足用デトランスα以外にもオドレミンやテノール液などありますが、塩化アルミニウムの濃度的に言うと、デトランスαが最強です。
医療の先進国デンマークで開発、製造された手・足専用のローションです。
私も使っていますが、本当に良く効きます。
市販はされていなく、ネットでの購入のみです。
公式HPなら、1本4800円が初回2900円になります。
1本で100m入っているので他の制汗剤(オドレミンやテノール液)と比べてもコスパが良いです。
手足用デトランスα公式HP:手足用デトランスα

手足用デトランスαを購入!実際に使った使用感想~効果はあった!?

手汗の止め方その5、運動不足を解消してみる。

ジョギング
運動不足だと手汗が増えるの?
こんな風に思った方もいらっしゃるかも知れません。
ですが、運動不足と手汗には関係があります。
運動不足だと、汗を出す腺(汗腺)が弱まってしまうと言われています。
汗腺が弱まる事によって発汗異常起こる場合があります。
また、運動不足の方の汗はベトベトしている汗が出やすく臭いの元にもなってしまいます。
運動不足の解消には有酸素運動が効果的です。
ウォーキング・縄跳び・水泳などをして運動不足の解消をしてみましょう。

手汗の止め方その6、小指湿布をしてみる。

小指湿布
小指湿布という方法をご存知でしょうか?
小指の第1関節と第2関節の間に湿布を貼るだけです。
小指湿布には、自律神経の一つ交感神経の緊張をほぐす効果があると言われていて、手汗だけに限らず、肩こりや頭痛にも効くと言われています。
私も実際に試してみましたが、これが意外と効きます。
湿布がお家に無い方は、バンドエイドを巻いてもOKです。
是非、一度試してみて下さい。

手汗を軽減!小指湿布の作り方と効果

このページの記事は、新しい「手汗を止める」方法を発見次第更新していきます。
また、こんな方法があるよ!という方がいらっしゃいましたらコメント頂ければ幸いです。

手汗ランキング