テスト用紙手汗

手汗でテスト用紙がぐしゃぐしゃに…

私が自分の手汗の多さを気にしだしたのは、中学1年生の頃です。
中学に入学して、一番最初にテストをしたときのことです。

私は、いつもどおりテストを受けてテスト終了のチャイムが鳴ると同時にペンを置きました。
そして、回収のために後ろからテスト用紙が前のほうに流れてくるのですが、
私のところにテスト用紙が回ってきたときに私は気付いてしまったのです。
自分のテスト用紙の隅がしっとり濡れていることに…。
そうです。
手汗が原因でテスト用紙が濡れてしまっていたのです。

ですがだからといってテスト用紙を前の人に渡さないわけにはいきません。
私は、自分のテスト用紙を後ろから回ってきたテスト用紙に重ねて前の男の子に渡しました。
この男の子は私が当時好きだった男の子です…。
手汗恥ずかしい
その瞬間、もう恥ずかしくて恥ずかしくて顔から火が噴き出そうでした。
そしたら、それと一緒にどんどん手汗が出てきて…。
このときに私は初めて自分の手汗が多いことを気にするようになったのです。

もちろんそれまでも「手が湿ってるなぁ。」と思ったりすることはありましたが、そこまで気にはしていませんでした。
きっと中学に上がって好きな男の子もできて、それで突然手汗を気にするようになったんだと思います。

それ以来、私はいろんな手汗対策を試してみました。
売られている制汗剤を手に使ったりもしてみました。
最初はサラサラする気がするんですけど、すぐに新しく手汗が出てきて湿った状態になりました。

一番効果があって今でも続けているのは、病院でもらった薬を塗る方法です。
病院に行くと塩化ナトリウム液というものをもらうことができて、それを使うと手汗が止まります。
先生は「人によっては肌が荒れたり、副作用が出たりすることもある」と言っていたのですが、私はそういった副作用は出ませんでした。

でもやっぱりずっと手汗が止まるわけではないので、いつもファリネを持ち歩くようにしています。
塩化アルミニウム液を使うようになってからも、テストや試験などのときは集中しすぎるのかプレッシャーなのか、
原因はなんなのか分からないんですけど手汗がやっぱり出てしまいます。

なので、そういうときはファリネを使って手をサラサラにしてからテストに臨むようにしています。
あとは、彼氏と遊ぶ前とかにも念のためファリネをつけるようにしていますね。
トップ:手汗さよならドットコム

手汗ランキング