手汗運転

手汗で運転が大変な時の対処法!

手汗がひどいと車の運転で苦労しますよね。
運転の最中はハンドルを握っているから、時間が経てば経つほどハンドルが汗で濡れていって…。
最悪の場合は事故にもつながっちゃいますからね。

今回は運転時の手汗対策をご紹介します。

エアコンを上手に使おう!

暑い季節などはこの方法は簡単で効果もあるのでおすすめです。
エアコンを風向きを手のほうに向けるだけです。
こうすることでハンドルを握ってる最中は、ずっと手に冷たい風が当たって手汗が引いてくれます。

もちろんエアコンの温風が当たるとより一層汗をかいてしまうことにもなるので、気をつけましょう。

ハンドルカバーをつける

ハンドルカバーをつけることで汗によるハンドルの滑りを防止することができます。
ただし、ハンドルカバーをつけるなら必ず「本革製」のものを選ぶようにしてください。
ビニール製のものをつけたら余計にすべりやすくなってしまい、それこそ大惨事を招いてしまうかもしれませんよ!

手袋をつける

手袋をすれば、あっさりとこの問題は解決することができます。
手袋といっても色んな種類がありますが、特にゴルフ用やテニス用の手袋はグリップ力が高いですし、
女性用の可愛いデザインのものもあるのでおすすめです。

タオルを常備しておく

ものすごく古典的な方法になりますが、タオルを常備しておくというのもひとつの手です。
運転中はずっと両手でハンドルを握っているわけではありませんよね。
信号で止まった時など手を離せる時間があるはずです。
そういった時間に、座席の横に置いてるタオルに手のひらを置けば、その都度汗を取ることができます。

信号待ちのときなどにさっとハンドルをひと拭きしてもいいでしょう。
多少面倒ではありますが、とりあえず手汗が気になるなら車に2枚くらいハンドタオルを常備しておいても損はないでしょう。

今回4つの対策をご紹介しましたが、個人的にはハンドルカバーをつける方法がおすすめです。
トップ:手汗さよならドットコム

手汗ランキング