親子手をつなぐ

子供は大人に比べると汗をかく機会が多いと言われますが、自分の子供の手汗がひどく多い場合は心配になります。
子供も徐々に自分の手汗が多いことが分かり始めると嫌な気持ちや恥ずかしがります。

子供の手汗を抑制する為には

子供の手汗を抑制する為には制汗剤を利用する方法が一般的でしょう。
手汗を抑制する方法には手術もありますが、子供は成長途中なのでなるべく避けた方が良いと言われます。(参考記事:手汗手術の副作用を理解しよう!ETS手汗手術について

制汗剤は自宅で簡単に手汗を抑制することが出来ますが、大人に比べて子供の皮膚は弱いので強い制汗剤を使用すると肌荒れの原因になります。手汗用の制汗剤は汗腺の働きを落ち着かせ、手汗の量を減らすことが出来ます。
人体の皮膚で比較的手の皮膚は厚い部分ではありますが、子供の皮膚はデリケートなので様子を見ながら利用するように心掛けましょう。

手汗を抑制する制汗剤には塩化アルミニウムが含まれています。塩化アルミニウムは手汗に効果を発揮しますが、体内に入り脳に達するとアルツハイマーになる可能性があると言われています。子供は色々な所を舐める癖があるので、塩化アルミニウム以外の成分を使用した無添加の制汗剤を使用すると安心です。
おすすめの無添加の制汗剤は、ファリネやテサランでしょう。

子供の心はデリケートなので手汗を意識させない

子供は自分の手汗の量に気が付くと罪悪感や恥ずかしい、嫌な気持ちになりやすくなります。小さい子供としては自分ではどうする事も出来なく悩みに繋がります。また手汗が原因で緊張したりストレスになる可能性があります。子供の内は手汗に動揺させず、リラックスの精神状態を保てるようにして上げましょう。

親が子供に手汗は心配ないと伝えるだけでも手汗の不安が取り除かれます。子供の手汗は制汗剤で抑制し肌に優しく害のない無添加の手汗用の制汗剤を選びましょう。子供が自分の手汗で悩んでいる場合は心のサポートが一番重要です。その際に制汗剤で手汗は止まるから大丈夫と子供にしっかり伝え心の不安を取り除いてあげると効果が高まります。

手汗ランキング