妊娠

妊娠中の注意したい手汗対策

妊娠中には普段使用している薬や、やってもらっている施術でも、胎児に影響が出る為に、使用できなくなったり、施術ができなくなる物があります。
病院で処方される薬以外でも、一般的にドラッグストアで販売されている制汗剤や薬でも、妊娠中は避けた方が良い物もあります。

その為、妊娠中の手汗の対策には注意が必要です。

この記事では、そんな妊娠中の手汗対策について解説していきます。

妊娠中にNGな手汗対策

NG
ドラッグストアなどで販売されている多くの制汗剤は使用できません。

それは、多くの制汗剤に香料が含まれているからです。
香料は妊娠中に摂取すると、胎児に悪影響を与えると言われているので、出来るだけ避けた方が良いでしょう。

また、手汗を抑制する代表的な手術のボトックス注射ETS手術などは、施術によって胎児にどんな影響がでるのか分からないので、妊娠中は受けることはできません。

その為、手汗を抑制する為に、定期的にボトックス注射を施術している方は、妊娠中は他の手汗対策を考える必要があります。
妊娠中は、使える薬が限られるので、薬を購入する前に、ドラッグストアでも病院でも妊娠中でも使用できるのか確認してから購入するのが良いでしょう。

妊娠中にできる手汗対策

手汗対策
妊娠中に安心して利用できる手汗対策は、天然成分のミョウバンを薄めて使うミョウバン水や、ベビーパウダーが良いでしょう。
ミョウバン水とミョウバンスプレーの作り方!

これらは母体にも胎児にも負担が少ないので、安心して利用できます。

妊娠中の手汗対策には注意が必要!まとめ

まとめ
妊娠中は手汗が多くなります。

妊娠中はホルモンのバランスが崩れたり、また、体内に熱が篭り易いので、妊娠していない時と比べて、妊娠中手汗が多くなる傾向にあります。

その為

急に手汗が!

と、焦って対策をする必要はありません。妊娠期間が過ぎれば自然と収まって行く方が殆どです。

妊娠という大変な時期に手汗も加わって不安になるかと思いますが、焦らずに、手汗ぐらい大したことは無い、とどっしりと構えるぐらいが良いと思います。

手汗ランキング