高校生

高校生でも手軽に手汗対策

高校生で手汗に悩んでいる方は沢山います。

高校生にもなると、バイトや部活などで活動することも増えてきて、手汗による弊害を実感してきているのではないでしょうか?

この記事では、そんな高校生の手汗の原因や、手汗の対策について解説していきます。

嫌な手汗の原因

手汗の原因
高校生の頃まで、手汗がひどい場合は多汗症という病気の可能性かあります。
多汗症とは、汗を制御している自律神経に問題が有り、汗のコントロールが上手く出来なくなる病気です。

多汗症の方は、頭、背中、胸、お腹、手、足といった、各部位から、汗が何かのキッカケで大量に発汗されます。

そして、発汗する部位は個人によって様々です。

多汗症は自律神経の異常によって起こるのですが、自律神経の異常には、ストレスによる物、睡眠不足、内臓系の病気、生まれつきの物などの、複数の要因が考えられるので、ハッキリと原因を突き止めることは、専門医の診察と検査を受けなければ難しいと思います。

その為、手汗の症状がひどく、長い期間に渡って症状が収まる様子がないのなら、病院にいって手汗について相談するのが良いでしょう。

高校生でも簡単に出来る!3つの手汗対策

三つのポイント
ここでは、生活の中で手汗を何とかする方法を3つ紹介します。

1つ目の方法は、制汗剤を利用する方法です。

市販されているデオドラントスプレーなどではなく、手汗専門の制汗剤が良いでしょう。
手軽に使えるファリネが良いと思いますが、高校生にはちょっと値段が高いかも・・・
お金をなるべくかけないならば、ミョウバンスプレーを作るのが良いと思います。
値段も300円程度で作れます。
ミョウバンスプレーの作り方

2つ目の方法は、ストレスから距離を取る方法です。

現代人の手汗の原因となる自律神経の不調の原因は多くの場合ストレスです。

もし、貴方が生活の中で継続してストレスを感じていて、手汗の症状がひどいのならば、ストレスを生活の中から遠ざけることで、手汗を抑制することができると思います。
なるべくストレスを溜め無い生活を送りましょう。
また、手汗が多い事自体にストレスを感じ意識しすぎてしまいストレスが溜まってしまっている人もいますが、こちらの場合は上記で紹介した制汗剤などを使用して少しでも手汗を減らし手汗に対する意識を減らしてみる事が良いと思います。

3つ目の方法は、適度に運動をする方法です。

適度に運動をすることは、適度に汗を流すことになります。
適度に汗を流すと、汗の出入り口となる汗腺を鍛えることができます。

汗腺をしっかりと鍛えると、余分な汗を汗腺が抑制してくれるので、手汗の症状が改善されます。

高校生にも手軽に出来る!手汗の原因と簡単対策まとめ

まとめ
多感な高校生時代に手汗がひどいのは辛いですね、、、
長い期間手汗の症状が続く様なら、思い切って病院にいって原因を特定するのが良いでしょう。

また、病院では、市販されていない汗を抑制する薬や手術などの手段もあります。
手汗で悩んでいるなら、1度相談にいっても良いと思います。

手汗ランキング