手汗静電気スマホ

手汗が多い人は静電気が発生しないので、スマホが反応し難いのです。

手汗が多い人は、静電気が発生しづらいので、車のドアや玄関のドアを触った時などの静電気によるパチパチッっという不快な痛みが発生することは、乾燥肌の人よりも少ないです。

ですが、手汗が多くて困るのが、スマートフォンが反応し難いことです。

スマートフォンは、人の手から発する静電気と、画面を押した際の圧力に反応して動きます。

しかし、手汗が酷いと手から静電気が発生し難くなり、スマートフォンの操作が上手く出来なくなるのです。

この記事では、手汗が酷くても快適にスマートフォンを操作する方法を紹介していきます。

手汗を気にせずスマートフォンを快適に操作する方法

ポイント
手汗によってスマートフォンが反応し難いのは、簡単に言えば指と画面の間に汗が入るからです。

つまり、指と画面の間に汗が入らないようにすることで、快適にスマートフォンを操作することができます。

具体的な方法を紹介します。

爪で操作する

爪で画面をタッチしても、スマートフォンは反応してくれます。

爪を意識して操作を行えば、快適にスマートフォンを操作することができます。

指サックを使う

指サックを使えば、手汗と関係なくスマートフォンを快適に操作することができます。

ただし、指サックを着けてスマートフォンを操作する姿は、見た目は余り良く無いので、見た目を気にする方は避けた方が良いでしょう。

画面にフィルムを貼る

スマートフォンの画面に保護フィルムを貼ることで、多少快適にスマートフォンを操作することができます。

これは、画面と指の間に、1枚保護フィルムという層を入れることで、直接画面に汗が触れないので、手汗よる画面への干渉を多少防ぐことができます。

タッチペンを利用する

タッチペンを利用すれば手汗と関係なく、快適にスマートフォンを操作できます。

また、最近では、タッチペンに、レーザーポインターや、実際に使えるボールペンが着いた物など、タッチペンの機能から進化したタッチペンも販売されています。

貴方に合ったタッチペンを使うのが良いと思います。

手汗と静電気の関係とスマホの操作についてまとめ

まとめ
ここでは、手汗の方も快適にスマートフォンを操作できる方法を紹介してきました。

ここで紹介した方法が貴方のスマートフォンを快適に操作する助けに慣れれば嬉しいです。

手汗ランキング