湿布

小指湿布で手汗を軽減!

みなさんは「小指湿布」という手汗を軽減させる方法をご存知ですか?
方法も簡単で結構効果があると思うので、紹介したいと思います。

小指湿布に必要なもの

小指湿布必要なもの
湿布(冷感タイプのパップ剤)
絆創膏
ハサミ

小指湿布に必要なものはたったのこれだけ。
重要なのは湿布は冷感タイプのパップ剤を使うという点です。
湿布の箱などに「パップ剤」「プラスター剤」というように書かれているので、必ず冷感タイプのパップ剤を使うようにしてください。

小指湿布の作り方

小指湿布作り方
1.まずは湿布をハサミで縦、横1cm四方の正方形に切ります。これを2枚用意します。
2.切った湿布を手のひら側の小指の第一関節と第二関節の間に貼ります。
3、その上から絆創膏をぐるっとひと巻します。
4.もう片方の手にも同じように湿布を貼って絆創膏を巻きます。

方法はたったのこれだけです。

小指湿布の効果の持続時間は?

小指湿布の効果は個人差もありますが、人によっては6時間くらい続く人もいるようです。
6時間経過したら、剥がしてポイするようにしましょう。

可愛い絆創膏を使えば普段から使える!

私は最初この方法を使ったときは確かに手汗は止まるけど、学校とかでは使えないかなぁって思ったんです。
毎日同じ場所に絆創膏してるのも変かなぁって思ったので…。

だからこの方法を使い始めて一ヶ月くらいは家にいるときだけ使うようにしてたんです。
パソコンのキーボードを触ってもそんなに汗がきにならなくなったりしたので、最初のうちは満足していました。

でも人間ってどうしても欲が出ちゃいますよね(笑)
「できることなら学校でも手汗が少ない状態を保ちたい…。」

そう考えた私は、100均で可愛い絆創膏を見つけて使うようにしました。
そしたら学校でも前より手汗を気にしなくてよくなってかなり快適でした。

今思えば別に普通の絆創膏を巻いててもおかしなことはなかったんですけどね。
あの頃は私も思春期だったので…。

そんなわけで小指湿布は私的にはかなり使える方法です。
みなさんも一度試してみてください。
トップ:手汗さよならドットコム

手汗ランキング