コンプレックス

コンプレックスだった手汗が改善した理由

わたし自身、昔から人より手汗が多い事がコンプレックスに感じ、他人と握手を求められた時や電車のつり革、カラオケボックスでのマイクの受け渡し、運転中の手汗などに悩まされてきました。

色々な制汗剤を試したり、人より多く手洗いをしたりしましたが一向に治らず・・・
手汗の本を読んで、手汗の原因は精神的要因が大きいと書いてあったので、なるべく意識しないようにしようと努力をしましたが、生活に支障が出る程の手汗を意識しないようにするのは不可能に近いと思いました。

ETS手術をすれば、ほぼ完全に手汗は収まると言われていますが、この手術には代償性発汗(手の汗は止まる代わりに他の部分の汗が増える事)起きる事がある事を知り手術は難しいなと感じていました。

ファリネとデトランスαに出会う

手汗用制汗剤
市販の制汗剤を使用しても一向に手汗は減らなかったので、色々なサイトをネットサーフィンしているうちに、ファリネという制汗剤とデトランスαという制汗剤に出会いました。

ファリネは、手汗専用の制汗パウダーで手に付けた瞬間から手をサラサラにしてくれるパウダーで、手足用デトランスαは汗に効果的な塩化アルミニウムを配合しているローションタイプの制汗剤でした。
今では、夜、寝る前(3日に1回程度 最初は2日に1回程度使っていました)手足用デトランスαを塗って手汗を抑え、それでも手汗が気になる様な時にはファリネを携帯して手汗が気になる場面の前にポンポンとしています。
これだけで、余程緊張する事が無い限り手汗を気にする事はなくなりました。
市販されている制汗剤に比べると若干値段は高いですが、やはり手汗用の制汗剤の方が良いと個人的には思っています。

そのおかげで、最近は手汗が減ったため、手汗を意識する事が減ったせいか以前に比べて手汗の量が減りました。
ファリネ、デトランスα以外にも、オドレミン・テノール液・エキシウクリーム・フレナーラと汗に効果があると言われている制汗剤を使ってみましたが、やはりファリネとデトランスαを超える物は個人的にはありませんでした。

是非、一度ファリネとデトランスαを使ってみてください。

手汗ランキング