アルバイト

アルバイト中の手汗対策と手汗を活かせそうな仕事

何かと悩まされる手汗は、バイト中にも困ってしまうことが多いのではないでしょうか?

例えば、紙を扱う作業では手汗で紙が滲んでしまったり、製品に汗が付着してはいけない作業で支障がでてしまったりと、ちゃんとやっているのに手汗のせいで、上手くいかないこともあるのではないでしょうか?

この記事では、バイト中にできる手汗対策を紹介していきます。

アルバイト中にできる手汗対策

バイトの手汗対策
ここでは、バイト中にできる手汗対策を3つ紹介します。

1つ目の方法は、バイト前に手汗用の制汗パウダーを塗る方法です。
手汗用の制汗パウダーは効果時間の長い物が多いので、バイト前や途中の休憩中に、手に塗っておけば、バイト中の手汗を抑制することができます。
この時大事なのが、市販されている脇用などの制汗剤ではなく「手汗用の制汗剤」を使うという事です。
一般の、制汗剤は主に脇用に作られているので手汗に効く時間が短い為です。
ドラッグストアや薬局では売っていませんが、ネット通販で手汗専用のファリネパウダーが購入できます。
管理人の私も使用しているおすすめパウダーです。
ファリネはドラッグストアや薬局では販売されていません。
ファリネを購入するには公式HPからどうぞ:ファリネ

2つ目の方法は、手袋を着ける方法です。

バイトの面接時に「手汗がひどいので手袋を着けさせて下さい」と伝えておけば、バイト中に手袋を着けて仕事ができると思います。

何だか恥ずかしいかもしれませんが、恥ずかしがっていても、何も始まらないので気にせずにお願いした方が良いでしょう。

会社は労働力を求めてバイトを募集しているのです。
手袋を着けていても、いなくても労働力に大差は無いと思います。
接客業などの手袋を着けることにお客様が疑問を持つようなバイト以外なら、特に問題なく手袋を着けて働けると思います。
接客が関係するお仕事だとちょっと厳しいと思います。

3つ目の方法は、手汗を活かせるバイトをするという方法です。

手汗を活かせるバイトなんてあるのだろうか?と、思うかもしれませんが、飲食店の厨房のバイトや、引越しのバイトは手汗を活かせるバイトだと思います。

飲食店の厨房は、頻繁に手を洗うので、手汗が気になることで、更に頻繁に手を洗うことで衛生面に気を使っている意識の高いバイトだと評価されると思います。

また、引越しのバイトでは、手が手汗で濡れている方が、手から物が滑り難くなるので好都合です。
いつでもしっかり掴める貴方は重宝されるでしょう。
ただし、あまりにも手汗が多い方だとダンボールなどが濡れ過ぎてしまって怒られるかも・・・

この2つの職種以外にも、手汗を活かせるバイトは沢山あると思います。貴方に合ったバイトを見つけて下さい。

バイト中の手汗対策と手汗を活かせるアルバイトとは?まとめ

まとめ
どうしても、手汗がひどいと手汗によってバイトに支障がでてしまうこともあるでしょう。

しかし、問題が起こる前にしっかりと手汗の対策を行えば、支障なくバイトをこなせます。

ここで紹介した方法を参考に、貴方に合った手汗対策を行うのが良いと思います。

手汗ランキング