内服薬

手汗を抑制する内服薬種類

手汗に悩む多くの方は
「手汗を簡単に抑制出来ないかな?」
と、思っているのではないでしょうか?

実は、手汗は内服薬で抑制することができます。

飲むだけで手汗を抑制できるのですが、副作用も有るので、使用には注意が必要です。

この記事では、そんな手汗を抑制する内服薬について解説していきます。

手汗を抑制する内服薬の種類と効果

手汗を抑制する内服薬は2種類あります。
以下では、それぞれについて解説していきます。

・精神安定剤系内服薬

手汗の原因となる心理的ストレスや不安を内服薬て抑制することで、手汗を抑制する薬です。

・抗コリン剤系内服薬

抗コリン剤は脳から発する「発汗しろ」という命令を遮断する効果があります。
命令を遮断している限りは、手汗は発汗されないので、安定した効果があります。

内服薬の副作用

手汗を抑制する内服薬は簡単には処方されません。

それは、手汗を抑制する内服薬には、副作用があるからです。

以下では、それぞれの内服薬の主な副作用を紹介します。

・精神安定剤系内服薬の副作用

現代社会で生きている人であれば、多かれ少なかれストレスを感じて生活しています。仕事であってり、家庭であったり、人間関係であったり、様々です。

そのストレスによって手汗を引き起こしているのですが、精神安定剤はそれらのストレスを緩和させてくれます。

緩和させることで手汗を抑制しますが、長い期間精神安定剤を服用していると、精神安定剤によってストレスが緩和された状態に慣れてしまい、精神安定剤無しの生活が出来なくなることがあります。

そのため、精神安定剤を利用する際には、精神安定剤に頼り過ぎないように、医師と相談しながら利用する必要があると思います。

・抗コリン剤系内服薬の副作用

抗コリン剤は脳から発する「発汗しろ」という信号を遮断することで、手汗を抑制するのですが、抗コリン剤は脳から発する全ての「発汗しろ」という信号を遮断するので、手汗だけでなく体の全ての汗が発汗されなくなります。

そのため、汗による体温調節が上手く出来なくなり、熱中症になる可能性があります。

手汗を抑制する内服薬の種類と副作用まとめ

まとめ
内服薬は簡単に手汗を抑制できますが、副作用もあります。

利用する前に表れる副作用をよく理解して、上手く利用するのが良いでしょう。

手汗ランキング