入浴

手汗は入浴によって改善できる?

ご自宅で出来る、手汗を改善する方法の1つに入浴法があります。

お風呂でリラックスすることは手汗にも効果があるのか?というと、少し事情が違います。

入浴の効果が手汗を抑制する効果があるのです。

この記事では、そんな手汗と入浴法の関係について解説していきます。

入浴法の効果

入浴効果
入浴は直接手汗に効果はありません。
ですが、入浴することで体がリラックスし睡眠を促します。

そして、質の良い睡眠を取ることで、手汗の原因となる心理的なストレスを緩和させると共に、体の疲れも取ることができます。

これらの効果によって、入浴は手汗の症状を緩和させることができます。

手汗を改善する入浴法

人はリラックスすると自然と睡眠に誘導されます。

手汗を抑制する質の良い睡眠を取るためには、寝る前の2〜3時間前に、余り長すぎすに入浴するのが良いです。

目安の入浴時間は、10〜15分前後です。余りに入浴時間が長すぎると体が疲れて逆に疲労を溜めてしまうことがあります。

入浴と一緒に生活習慣を見直して手汗を防ごう

入浴法だけでなく、日常生活の中の生活習慣を改善すると手汗を抑制することができます。
以下に入浴と一緒に見直したい生活習慣をまとめます。

定期的に運動する習慣を身に付ける

定期的に運動する習慣を身に付けることで、運動による発汗を促し、汗の出入り口となる汗腺を鍛えることができます。

汗腺が鍛えられれば、発汗される汗の量が抑えられ、手汗の症状を緩和させられます。

ストレスを発散する習慣を身に付ける

手汗の原因の1つはストレスです。
そのため、日常生活を忘れられる趣味を見つけたり、何かストレスを発散させられる習慣を身に付けることで、ストレスを緩和し、手汗の症状を緩和させることができます。

1日に飲むコーヒーの杯数を決める

コーヒーや緑茶に含まれるカフェインは手汗を促進します。

適度にコーヒーや緑茶を飲むのは良いですが、過度に飲むと悪い影響が出てきます。
そのため、1日に摂取するカフェインの量を決める、具体的には1日に飲むコーヒーや緑茶の杯数を決めておくのが良いと思います。

手汗と入浴の関係についてまとめ

まとめ
毎日の生活習慣によって、手汗が促進されることも、抑制されることもあります。

少しづつでも、手汗を抑制する習慣を身に付ける生活を心掛けるのが手汗の改善に繋がると思います。

手汗ランキング