手汗ツボ

手汗を抑えるツボを覚えよう!

手汗で悩んでいる人は案外多いかもしれませんね。

夏でもないのに手汗をびっしりかいて困る…。
彼女との初デートなのに手汗が気になって手も握れない…。
手汗をかきすぎてスマホが故障した…。え?うそでしょ…?

手汗をかきやすい人は本当に生活の様々な場面で困ってしまいますよね。
今回は、そんな手汗を抑えるツボをご紹介します。

手汗を抑えるツボ

早速手汗を抑えるツボをいくつかご紹介しましょう。

・合谷(ごうこく)
合谷は手の甲の親指と人差し指の付け根の骨の間、どちらかというと若干人差し指よりの部分に存在するツボです。
このツボには身体の異常代謝を正常に戻す効果があります。
少し痛いかな?というくらいの力でこのツボを30秒くらい押してみてください。

軽い痛みがあるのはツボを正確に押せている証拠です。
逆に少し強い力で押してみても痛みがない場合は、違う場所を押してしまっていることになります。
手のツボはどんな場面でも簡単に抑えることができるので、ぜひ覚えておいてください。

・労宮(ろうきゅう)
労宮は手のひらの中心にあるツボです。
自然に手をグーに握ってみてください。
そのときに、中指の先端部分が当たった場所が労宮になります。

このツボにはリラックス効果があります。
手汗をかく原因のひとつに緊張があります。
そのため緊張するような場面ではこのツボを押してリラックスをすることで手汗を抑えることができます。

5秒くらい押して、5秒くらい離して…。
これを繰り返してみましょう。
このとき一緒に深呼吸をするとさらにリラックスすることができます。

・復溜(ふくりゅう)
復溜は足にあるツボです。
アキレス腱とうちくるぶしの間、中央部分に指をおきます。
そこから4センチほど上の部分、指の幅で言えば2~3本分の位置が復溜の場所になります。

このツボには水分の代謝異常を正常に戻す効果があります。
親指でゆっくりマッサージするようにツボを刺激しましょう。

残念ながらツボを押しても手汗をかきやすい体質が改善するわけではありません。
しかし、ツボを知っていればいざというときに手汗を抑えることができます。
今回紹介したツボを一つでもいいので覚えておいて、いざというときに役立ててみてください。

トップ:手汗さよならドットコム

手汗ランキング