スマホ手汗

スマホの手汗対策について

手汗を多くかいてしまう人は、スマホの操作でかなり苦労しますよね…。
手汗のせいでスマホの画面をタップしたりすると、思っていたところと違う場所がタップされたり。
一度画面を拭いてみても、またすぐに誤作動したり。

できることなら手汗をかかないようにしたいですが、
手汗も簡単に止まってくれるものではないですよね…。

今回は簡単にできるスマホの手汗対策をご紹介します。

スマホの3つの手汗対策

スマホ手汗対策
スマホの手汗対策を3つご紹介します。

制汗剤を使用する
手汗用の制汗剤を使用するというのは最もポピュラーな方法ですよね。
スマホの使用時に限らず、手汗に悩む人なら普段から制汗剤を使用しているという人も多いと思います。
しかし、制汗剤の効果は人によって個人差があります。
制汗剤といっても、市販で売られているような制汗スプレーは、あくまでも脇汗に特化したスプレーなので、本当は手汗専用の制汗パウダーを使うのが良いでしょう。
手汗専用の制汗パウダーファリネHP:ファリネ

制汗剤を使っても、「誤作動は減ったけど、それでもまだ誤作動する…。」という人は少なくないでしょう。

スマホの画面を保護する
スマホの画面は人間の指の圧力や静電気に反応しています。
そのため、普段使っているものより厚めの保護シートを画面に貼ると誤作動がなくなる場合があります。
また、ジップロックなどに入れて使用することでも同じような効果を得ることができます。

タッチペンを使用する
手汗による誤作動が気になる→指で触るから手汗が画面につく→でも指で触らないとスマホがいじれない!→NO!タッチペンがあるじゃないか!
ということで、タッチペンを使うというのも誤作動を防ぐひとつの方法です。
というより理論的には、この方法が一番誤作動を防げる方法だと私は思っています。

今の時代タッチペンは100円ショップなどでも売られていますし、イヤホンジャックなどに差すタイプのものも販売されています。
そのためわざわざタッチペンを別で持ち運ぶ手間もありません。
だって、使わないときはスマホに差しておけばいいのですから。

この方法なら手汗以外での誤作動もなくなります。
指が太かったりすると手汗をかいているかいていないに関わらず、誤作動しちゃうこともありますからね…。

ただしスマホでできるゲームなどには、タッチペンでの操作が向かないものもありますよね。
そういうときは厚めの保護シートやジップロックで対処するといいでしょう。
制汗剤を使ってもゲームに熱中して気づいたら手汗が大量に出ることもあり得ますからね。

今回紹介した3つの方法を使えば、スマホの手汗による誤作動をしっかりと防ぐことができます。
今の時代スマホを片時も手放せないという人も多いでしょう。
ぜひ、今回紹介した方法を試してみてください!
まだまだ色んな手汗対処法があります!手汗さよならドットコム

手汗ランキング