オドレミンとデトランスα

オドレミンと手足用デトランスαの違いについて

手汗に効くと有名な「オドレミン」手足用デトランスα一体どっちのほうが効果が高いの?どっちの方がコスパがいいの?と思う人もいるかと思います。
ここでは、オドレミンと手足用デトランスαの違いについて書いていきたいと思います。

オドレミンは、日邦薬品工業株式会社の販売している製品で、ドラッグストアなどでは見かけませんが、日邦薬品の取扱いをしている薬局で販売している事があります。
また、楽天やAmazonでも販売しています。

一方、手足用デトランスαは、医療先進国デンマーク製の商品で個人輸入にて購入することができます。個人輸入といっても、YOU UP(ユーアップ)という会社が代行してくれるので、普通のネット通販と何も変わりません。
楽天やAmazonでは販売していません。
公式HPから購入しましょう:

オドレミンもデトランスαの特徴は、手汗や足汗が出る汗の腺(汗腺)を塞いでくれる塩化アルミニウムを配合しています。
手汗や足汗を医者で診察してもらった時も、塩化アルミニウム液を処方される事も多く、それだけ汗を抑える事ができる成分と言う事です。

では、早速オドレミンとデトランスαの違う点やコスパなどを比較していこうと思います。

オドレミンとデトランスαの比較ポイント1 塩化アルミニウムの濃度

制汗に効果がある、塩化アルミニウムがどれだけ配合されているかについてですが、

オドレミンの塩化アルミニウム濃度は13%
手足用デトランスαの塩化アルミニウム濃度は25%

デトランスαの方がオドレミンよりも12%多く配合されている事になります。
私ももちろん、両方使ってみましたが、汗を止めるという点では成分的にもデトランスαの方が効果が高かったです。
ですが、塩化アルミニウムには手の痒みがでたり手荒れが起きる副作用もありますので、一概に濃度が高ければ良いということでも無いと思います。
敏感肌の人は最初はオドレミンを使用して肌荒れが起きないか確かめても良いと思います。

オドレミンとデトランスαの比較ポイント2 コストパフォーマンス

2番目に比較する点は、価格やコスパについてです。

・オドレミンのメーカー小売価格1080円(ネット通販の相場は1000円~1500円+配送料)
・手足用デトランスαの初回2900円+手数料600円(海外通販なので消費税などはありません)

・オドレミンの内容量25ml
・デトランスα内容量100ml

購入価格は、オドレミンの方が安いですが、デトランスαの内容量は100mlなのでオドレミンの4倍の内容量となり、最終的にはデトランスαの方がお得だという事がわかります。

オドレミンとデトランスαの違う点を比較した最終まとめ

オドレミン・・・値段も1080円と低価格で購入する事ができる。 敏感肌の人はオドレミンから使った方が良い。

デトランスα・・・値段は3500円かかるが、手汗を抑える成分が25%と効き目が高い。 内容量も100mlなのでトータル的に考えるとオドレミンよりもコスパが良い。敏感肌の人が使う場合に、痒みなどがでる事もある。

以上が、オドレミンと手足用デトランスαを違いを比較してみました。
実際にオドレミンやデトランスαを使った感想の記事もご覧ください。
・手汗を抑えるオドレミン!その効果と副作用とは?
・手足用デトランスαを購入!実際に使った使用感想~効果はあった!?

手汗ランキング