手汗食事

手汗は食事で対策できるのか?

「暑い季節でもないのに手汗をかいて困っている。」
「手汗が多いせいでいろんな場面で苦労している。」

こういった手汗に苦しんでいる人にとって、一番うれしいことは手汗をかかなくなるということでしょう。
市販のデオドラント剤などを使って一時的に手汗を抑えることはできるかもしれませんが、
それはあくまで一時的なものであり、根本的な解決にはなりません。

根本的に手汗をかかないようにする方法のひとつに食事療法があります。

手汗をかかなくする食事療法

食事療法
手汗をかかなくするための食事をご紹介しましょう。
まずは手汗をかかないようにするために「控えたい」食事から。

刺激物
タバコやコーヒーに含まれているカフェインは体にとっては刺激物です。
そのため、この刺激物に神経が過剰に反応してしまい体全体のバランスを崩し、汗をかきやすくなってしまいます。

肥満になりやすい食べ物
そもそも汗というのは、体の温度を下げるために出るんです。
肥満になってしまうと体の中の熱が外に逃げずづらくなるため、痩せている人に比べて大量の汗をかいてしまうことになります。
肥満になりやすい油っこいもの、肉、お菓子などは少し控えめにしたほうがいいでしょう。

辛い食べ物
発汗を促してしまうのが辛い食べ物です。
辛い食べ物を食べると、どっと汗が出てしまいますよね。
間隔をあけて辛い物を食べるだけならその場限りの汗で終わりますが、
あまり頻繁に食べるようになると少しの刺激で汗が大量に出てしまうようになるので注意が必要です。

続いて手汗をかかないようにするために「積極的」にとりたい食事をご紹介。

体を冷やしてくれる食べ物
汗は体を冷やすために出るため、食事で体を冷やせば汗の量も少なくなります。
ナスやキュウリ、スイカなどといった食べ物を積極的に摂取するといいでしょう。
しかし、冬場などは体を冷やし過ぎることで大量を崩してしまうこともあります。
季節や気になる汗の量にあわせて摂取する量を調整しましょう。

イソフラボン
イソフラボンには汗を抑える働きがあります。
豆腐や納豆といった大豆を使った食品を積極的にとるように心がけましょう。

このように食事で気になる汗の量を調節することができます。
とはいっても食事の効果には個人差もありますし、すぐに効果が期待できるものではありません。
じっくり腰をすえて食事療法を試してみてください。
まだまだ色んな手汗対処法があります!手汗さよならドットコム

手汗ランキング