手汗の原因

手のひらの汗がなぜ?止まらないの手汗の原因で考えられる事

スポーツ観戦で熱中している時など、「手に汗握る」などと言う言葉を使ったりするかと思いますが。このように、緊張してハラハラしているような場面で手汗をかく事は誰もが一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

この様な、手汗は誰でも起こりうる普通の事です。
もちろん、真夏の暑い日なども手汗をかく事はあるでしょう。

ですが、この手汗をかく量が異常に多いまたは、暑くも無いし蒸れているわけでもないのに手汗が酷い場合は、手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)と呼ばれる症状かもしれません。

例えば

・手のひらから汗が滴り落ちる
・手汗が酷く紙や教科書が濡れるまたは湿ってしまう。
・ペットボトルのキャップなどが滑ってしまう。
・人と手を握るのが怖い。

上記の様な生活に支障をきたすレベルは「手掌多汗症」だと言えます。
また、寝ている時は手汗をかきにくいのが特徴です。

手汗(手掌多汗症)の原因とは?

手掌多汗症の原因
科学的根拠がある手汗の原因は実際はまだはっきりりと解明されてないのが事実なんですが、手汗が酷い(手掌多汗症)の原因で多いのが、ストレス(精神的な要因)だと言われています。

極度の緊張、興奮、不安などのストレスから自律神経の一種の交感神経が狂うことにより、エクリン腺が活発になり手汗が異常に放出されてしまうのです。

手汗の事を気にする余り考えてしまい、それがストレスになってしまい手汗が酷くなってしまう原因の一つになってしまう事もあります。

手汗を完全に治す方法と言えば、ETS手術(神経を遮断する手術)なのですが、代償性発汗(手汗が出なくなった分、胸や背中などの汗が増えてしまう)が起こる確率が高いので、手術をするのは最終最後の選択だと言えます。

手汗減らすためには、ストレスを溜めない(手汗を気にしない)ようにするのが手汗を治す近道だといえます。
ですが、ストレス(手汗を意識しない)を溜めないと言っても…
簡単にはいかないものです。

今現実に手汗が出ているから手汗の悩みが尽きない→手汗を意識するのはあたりまえ→手汗が増えてしまう負のループ

こんな感じに手汗は一向に収まってくれないのが事実でしょう。
ですから、手汗を一時的に抑えるという事も重要です。
皮膚科での塩化アルミニウム外用の処方や、病院に行くのは恥ずかしいし嫌だという人は、手汗用のパウダーファリネのを使ってみるとか、手足の汗に強力な手足用デトランスαなどを使用して、手汗を抑えていけば手汗の不安や悩みも気にならなくなってくると思います。

トップ:手汗さよならドットコム

手汗ランキング