いきなり手汗

手汗の量がいきなり増えたら…

普段手汗なんて気にしたことなかったのに、突然手汗の量が増えた…。
こういった場合は病気の可能性がある場合があります。

手汗の量がいきなり増える病気

手汗がいきなり出る病気
一般的に手汗の量がいきなり増える病気として認知されているのは「手掌多汗症」です。
手掌多汗症の詳しい記事はこちらをどうぞ。
手汗が止まらない・・・手掌多汗症について
手掌多汗症の場合、汗の発汗に関係している交感神経と呼ばれる部分の活動が過敏になることが原因です。

手汗だけの量が増えるのであれば、この症状の可能性が高いのですが
全身の汗の量が増えるのであれば、手掌多汗症とは違う病気の可能性もあります。

全身の汗がいきなり増える病気

全身の汗がでる病気
全身の汗がいきなり増える病気というよりは、全身から汗がいきなり増えるのが病気の兆候だと言ったほうがいいかもしれません。

糖尿病
糖尿は高血糖になるわけですが、この状態が長く続くと糖尿病神経障害という病気を併発します。
この障害になると汗の発汗にも関わっている自律神経に異常が生じるため、全身の汗の量がいきなり増えることがあります。
結核
結核になると初期の段階で風邪と似た症状が出ます。
微熱が長い間続くことがあり、その場合体温を体が下げようとして通常より汗の量が増えます。
自律神経失調症
自律神経は内臓の働き、呼吸や血圧、体温、そして汗などをコントロールしています。
そのため自律神経失調症になるとこうした部分のコントロールがうまくできなくなり、汗が増えます。
更年期障害
更年期になると体の中のホルモンバランスが崩れることがあります。
これは自律神経の乱れにも繋がることであり、「ホットフラッシュ」と呼ばれる汗が大量に出る症状があらわれます。
甲状腺機能亢進症
甲状腺はホルモンを分泌しています。
この甲状腺で作られるホルモンの量が過剰になってしまい、体全体の代謝が亢進(たかぶる)してしまうのがこの症状です。
手の震えや動悸、食欲の増加、そして代謝がよくなるためいきなり大量の汗が出るようになります。

手汗だけいきなり大量にかくようになるのであれば、手掌多汗症の可能性が高いです。
もし手汗の量がいきなり増えたと感じたら、少し毎日の生活を振り返ってみましょう。
汗の量が気になるのは本当に手だけですか?

手汗だけにしろ、全身にしろ一度病院を受診してみたほうがいいでしょう。
トップ:手汗さよならドットコム

手汗ランキング