手汗とうつ病

手汗とうつ病の関係

手汗を大量にかいてしまうと気分がどんどん滅入ってしまいますよね。
心の病といわれているものに「うつ病」というものがあります。
数年前まではあまり認知されていないものでしたが、最近ではかなり認知されるようになりました。

実は手汗を多くかいてしまう場合、うつ病の可能性、うつ病になってしまう可能性があるのです。

自律神経失調症→うつ病

手汗と自律神経失調症
手汗とうつ病の関係をお話しする前に「自律神経失調症」のお話をさせてもらいます。

自律神経失調症とは?
自律神経失調症は、主に毎日のストレスが原因で発症してしまう症状です。
自律神経というのは人間の呼吸や体温、血圧などのコントロールを司っている場所です。
自律神経失調症になると、この自律神経のバランスが乱れてしまい体の様々な部分に異常をきたしてしまいます。そして、自律神経には汗の発汗に作用している交感神経というものがあります。
この交感神経は副交感神経とセットになっており、
体が活発に活動しているときなどは交感神経が、体がリラックスしている状態のときなどは副交感神経が活発に働きます。
交感神経が活発になると発汗が促されるのですが、自律神経失調症になるとこの交感神経が優位に働くようになってしまい
手汗の量も増えてしまうのです。
自律神経失調症からうつ病になる可能性も…
実はストレスが原因で自律神経失調症を発症すると、その後うつ病を発症してしまう可能性があるのです。
自律神経失調症とうつ病は、どちらも原因のひとつにストレスがあげられるため同じものだと間違えられやすいです。
しかし、自律神経失調症とうつ病ではその症状に違いがあります自律神経失調症の場合は、睡眠障害、倦怠感、疲労感、頭痛、動悸、食欲不振といったような症状が出ます。
うつ病の場合は自律神経失調症に加え、精神的な不安、自殺を考えてしまう、
極端なマイナス思考といったように心の面に異常をきたすようになるのです。自律神経失調症は身体的な異常が見られますが、うつ病の場合はさらに心にまで異常をきたすということです。自律神経失調症になると手汗の量が増えることがあります。
そして自律神経失調症からうつ病になる可能性も高いため、うつ病の状態でも手汗の量が多くなっていることもあるのです。

とはいってもなかなか自分で自律神経失調症とうつ病を見分けるのは困難です。
毎日の生活に疲れていたり、ストレスを感じているようであればまずは一度しっかり休んでリフレッシュしましょう。
そして、手汗の悩みなどを無くしストレスを抱えない生活を送るために、手汗対策をしっかりとしたいものですね。

まだまだ色んな手汗対処法があります!トップページはこちら:手汗さよならドットコム

手汗ランキング