手汗とアルコール

手汗とアルコールの関係

大人になれば誰もが一度は口にする?アルコール。
実はこのアルコールは手汗に関係しています。

アルコールを飲んだら、いつもより手汗の量が多くなった…。
アルコールを飲んだら、いつもより手汗が減った気が…。
こんな経験をしたことある人もいるのではないでしょうか。

今回は手汗とアルコールの関係についてお話します。

アルコールを飲むと手汗が多くなる

手汗
アルコールを飲むと手汗が多くなったと感じる人がいます。
それはなぜか?

理由は簡単です。
アルコールを飲むことで血行が良くなり、体温が上昇して汗をかきやすくなるからです。
アルコールを飲むと体がポカポカしてきますよね。
場合によっては暑いと感じることも。
会社帰りに居酒屋にいってアルコールを飲むとスーツなんて脱ぎたくなります。

体が温まると、その熱を冷やそうとするため汗が出るのです。
そのため、手汗が多くなるというよりは体全体の汗が多くなるわけです。

また、アルコールと一緒に食べるもの、つまみなどを高カロリーのものが多いですよね。
これも体温が上昇する原因のひとつです。

アルコールを飲むと手汗が少なくなる

アルコールを飲むことで手汗が多くなる人がいる一方で、
手汗が少なくなるという人もいます。
手汗少なくなる
こういった人は低血圧の可能性があります。
アルコールには血行を良くする効果があります。
低血圧の人がアルコールを飲むと急激に血流が良くなりますが、時間が少し経つといつもの低血圧に戻ります。
このように短時間の間に血流に大きな差が出ると手や足、つまり体の末端部分はかなり冷えてしまいます。
汗は熱くなった体を冷やそうとするために出るので、冷えた足や手の汗の量は少なくなるというわけです。

このようにアルコールを飲んで手汗を多くかくのにも、少なくなるのにも理由があるわけです。
飲み会の席で手汗が多いことに気付くと、途端に恥ずかしい気持ちになるかもしれません。
でも気にしないでください。
あなたのまわりの多くの人も体が熱くなって、同じように手汗をかいていますから。
トップ:手汗さよならドットコム

手汗ランキング