内臓

手汗と内臓の関係

手汗の原因は、ストレスや緊張などの精神的なもの、自律神経の乱れなどが一般的です。
しかし、中には手汗の原因が内臓にある場合もあるのです。

内臓疾患による手汗の増加

内臓疾患
手汗が増加する可能性のある内臓疾患には以下のようなものがあります。

甲状腺機能亢進症(バセドー病)
甲状腺機能亢進症になると、甲状腺ホルモンの分泌が過剰になり、代謝の促進もそれに比例するように過剰になります。
そのため、手汗の量が多くなることがあるのです。
糖尿病
糖尿病になると血糖値が高くなります。
血糖値が高くなることにより自律神経の働きが異常になり、発汗のコントロールが正常にされなくなってしまいます。
褐色細胞腫
褐色細胞腫になるとホルモン物質が作られる量が増えてしまい、高血圧、血圧の上昇がみられ手汗の量が増えてしまいます。
生殖器障害
女性の場合はホルモンの減少で自律神経のバランスが崩れて手汗の量が増えてしまうこともあります。

内臓疾患の場合は全身から汗が…

内臓疾患手汗
内臓疾患にかかって手汗の量が増えることは確かにあります。
しかし、内臓疾患の場合はどちらかというと手汗というよりは全身の汗の量が増える傾向にあります。
手汗の量だけが気になるという場合には、手掌多汗症を疑った方がいいでしょう。

また、手掌多汗症の人の多くはある程度小さい頃、年齢が低い頃から手汗に悩んでいる場合が多いです。
これは体質や性格などが手汗の発生に関わっているからです。

そのため小さい頃から手汗に悩んでいて、昔と比べて手汗の量だけ増えたというのであれば、それは手掌多汗症の症状が悪化した場合が多いでしょう。
しかし、これまで手汗を特に気にしたことがないという人が、突然手汗が気になりだしたり、全身の汗の量が気になりだしたりしたのであれば内臓疾患の可能性もあります。

あくまでこれは、そういった可能性があるという話です。
手汗の量が気になるのであれば、どのみち一度病院で診てもらったほうがいいでしょう。
そうすれば、手汗の量が多い原因も分かって、適切な対処法が見つかるはずです。
まだまだ色んな手汗対処法があります!手汗さよならドットコム

手汗ランキング