手汗の手のひら
悩ましい手汗のレベルには3段階に分けることが出来ます。

手汗のレベルを軽度、中度、重度に分けて解説を行います。
手汗のレベルが軽度の場合は手のひらに湿り気が現れ、触ると手汗が確認できる状態になります。
手のひらを光に当てると反射して汗が光ります。手汗が中度の場合は手のひらから汗の水滴が確認できる状態です。
手汗が重度の場合は手のひらの汗の水滴が多く、滴が落ちてくることが確認できる状態になります。

手汗のレベルが軽度の場合

手汗のレベルが軽度の場合は手のひらが汗で湿っているので他人と手を繋ぐことや触ることが出来なく悩んでいる方が多い症状です。手汗のレベルが軽度の場合の原因には生活上や仕事でのストレス、緊張、生活習慣の乱れ、病気、薬の影響で汗の分泌を管理している自立神経の交感神経が乱れ汗の分泌が促されています。

手汗のレベルが軽度の場合の対策にはベビーパウダーやファリネなどを利用し改善が図れます。
また治療方法では塩化アルミニウム外用制汗剤やイオントフォレーシス療法などを受けることで治せることが期待されています。

手汗のレベルが中度の場合

手汗のレベルが中度の場合は手のひらに汗の水滴が現れるので、見ため的にも分かり易く、他人に触れることや携帯が汗で滑って落としたり、車のハンドルが操作しにくいなど日常生活に支障が起こります。手汗のレベルが中度の場合も原因は軽度と同様になります。

しかし手汗のレベルが中度の場合は手汗自体がストレスになってしまうので精神性発汗も加わり、汗の抑制以外にメンタル的な心身療法も必要になります。

手汗のレベルが中度の場合の対策にはミョウバン水やオドレミンなどを利用すると改善が図れます。また治療方法には心身療法や薬物療法などを受けることで改善が期待されています。

手汗のレベルが重度の場合

手汗のレベルが重度の場合は手のひらから汗の水滴が落ちてくる状態なので身近な物や用紙などに触るとダメにしてしまいます。重度の手汗レベルの場合は人と接することも出来なくなり、引きこもりがちになります。

手汗のレベルが重度の場合の原因には軽度や中度以上にストレスや緊張、生活習慣などの影響で自律神経の交感神経が高ぶり汗の分泌が多くなっています。また生まれつき汗の分泌が行われるエクリン汗腺が発達し汗が出やすくなっている場合も考えられます。

手汗のレベルが重度の場合の対策にはオドレミンなどを利用して改善が図れます。また治療方法にはボトックス注射やETS手術などを行うことで手汗を改善することが出来ます

手汗ランキング