手汗のメカニズム

手汗のメカニズムについて

手汗は様々な要因によって発汗します。
しかし、何故様々な要因によって手汗が発症するのか?いったいどんな繋がりが?
と、要因と手汗の関係について不思議に思う方は多いのではないでしょうか?

この記事では、そんな手汗のメカニズムについてまとめました。

手汗の要因

手汗を引き起こす要因は様々です。
運動した時、辛い物を食べた時、緊張した時に、発汗する手汗は正常な手汗です。
これらの反応は太古の昔から人間が生き抜くために必要な反応だったようで、条件反射の様に現代人にも刻まれています。

しかし、これらの他にも手汗を発症する要因があります。
それは、内臓系の病気や、強いストレスです。

内臓系の病気による手汗のメカニズム

内臓病気
内臓系の病気を発症すると、気づかない内に、体内では病気による負担が蓄積されます。
そして、負担が蓄積されると、様々な体調の変化が起こります。
参考記事・内臓の病気も!?手汗と内臓の関係
しかし、体内には体調の変化を補う機能があります。

それは、自律神経です。
自律神経は体内の様々な不調を補ってくれますが、それが長期間続くと自律神経に負担が蓄積され、普段自律神経がコントロールしている手汗のコントロールができなくなり、大量に手汗が発汗される症状が発症することがあります。

強いストレスによる手汗のメカニズム

ストレス
強いストレスを受けると、人は緊張から手汗を発汗します。

これ自体は正常なのですが、人は長期間強いストレスを受け続けると、手汗をコントロールしている自律神経に負担が蓄積されます。

自律神経に負担が蓄積されると、普段自律神経がコントロールしている手汗のコントロールができなくなり、大量に手汗が発汗される症状が発症することがあります。

手汗をかくメカニズムとは?まとめ

まとめ
この記事では、手汗のメカニズムを解説してきました。
手汗の症状は、何らかの要因によって自律神経に負担が蓄積されていることが原因です。

手汗くらい大したことは無い
と、済ませてはいけない場合もあります。長期間手汗が続く様なら病院にいって検査を受けるのが良いと思います。

手汗ランキング