世代

手汗と年齢の関係について

年齢によって、手汗が多くなることがあることを知っていますか?
実は年齢による体の変化と手汗には深い関係があります。
この記事では、そんな体と手汗の関係について解説していきます。

幼少期から成長期前の手汗

幼少期
幼少期から成長期前までの期間は代謝も活発で心もよく揺れ動く時期のため、手汗も多く発汗されます。
また、汗をコントロールしている自律神経も未発達のために手汗が多く発汗される、多汗症の症状を発症する子もいます。
この時期の多汗症は、自律神経の発達と共に自然と治って行くこともあるので、深刻に考える必要は無いと思います。
ただし、明らかに酷い場合は、医師への相談が必要だと思います。

成長期から成人の手汗

成人
成長期以降になると、心も体も成長し、手汗は緊張した時、辛い物を食べた時、運動した時、といった一般的に人が手汗を発汗するとされる時以外は、手汗を意識しない方が多いと思います。
もし、小さい頃から手汗が収まらない、常時手汗がひどい、ある日突然手汗が気になるようになった、と、いった症状を感じているのなら、多汗症を発症している可能性がありますので、念のために病院にいって医師の診察を受けた方が良いと思います。
参考記事:病院ではどんな手汗対策ができるのかについて

40〜60代の更年期時期の手汗

更年期
40〜60代の更年期の時期になると、男性でも女性でも手汗の症状を発症することがあります。
これは、更年期によるホルモンバランスの変化による影響で、時間が経ってホルモンバランスが安定すれば治ることが多いと言われています。。
更年期障害が起こる時期は、手汗以外にも様々な症状が起こります。
ホルモンバランスが安定すれば症状も収まると分かっていても、辛い物だと思います。
参考記事:更年期?手汗と更年期障害の関係について

更年期障害の症状が深刻な方は、無理をせずに病院にいって医師の助けを借りるのが良いと思います。

60代以降の老年期の手汗

老人
更年期障害を乗り越えてホルモンバランスが安定した後は、代謝も落ち着き手汗で悩むことも少ないと思います。
ですが、他の病気の合併症として手汗が出る事もあります。
今まで手汗を感じた事が無かったのに急に手汗が増えたと思ったら要注意です。
念の為、かかりつけの医者に相談した方が良いと思います。
参考記事:内臓の病気も!?手汗と内臓の関係

年齢と手汗の関係まとめ

まとめ
年齢によって、手汗の発汗が活発になり易い時期があります。

そのため、多少の手汗は、年齢によっては正常な場合もあります。

あまり神経質になり過ぎる必要も無いと思いますが、もし、常時手汗がひどい場合や、手汗から変わった臭いがする場合には、何らかの病気を発症している可能性がありますので、年齢に関わらず医師の診察を受けるのが良いでしょう。

手汗ランキング