コーヒー

手汗の原因はコーヒー!?

もうすっかり日本の社会に溶け込んでいて、常飲している方も多いコーヒーですが、実は手汗の原因になることがあります。

この記事では、そんなコーヒーと手汗の関係について解説していきます。

コーヒーと手汗の関係

コーヒーに含まれるカフェインは、体内に入ると中枢神経を刺激することが分かっています。

そして、カフェインによって刺激された中枢神経は、汗を発汗される汗腺の働きを活発にします。

すると、活発になった汗腺が、汗を活発に発汗させるので、手汗や足汗の原因となるのです。

今やカフェインはコーヒーだけでなく、お茶や栄養ドリンクにも含まれているので、知らず知らずの内に、カフェインを過剰に摂取していて、手汗の原因となっていることがあります。

コーヒーが手汗を抑えている場合もある!?

ただ、一概にコーヒーが手汗を助長しているとは言えません。

コーヒーに含まれるカフェインは、精神を落ち着けて、ストレスを緩和する効果があります。

そのため、実はカフェインによって、手汗の原因となるストレスを生活から取り除き、手汗の症状を緩和させている場合もあります。

また、手汗の原因の1つにストレスがあります。

コーヒーが好きな方は、毎日のコーヒーを楽しみにしているとは思います。

そんな方が、手汗の為だ!、と無理にコーヒーを辞めると、大きなストレスになります。

そして、そのストレスによって手汗の症状が、引き起こされることがあるのです。

そのため、コーヒーを辞める!という選択ではなく、コーヒーと上手く付き合っていくのが良いと思います。

コーヒーと上手く付き合って行くためには?

コーヒー
カフェインを過剰に摂取していなければ、カフェインによって手汗が引き起こされることは、まず無いでしょう。

そのため、1日に摂取するカフェインの量を決めておき、1日に飲むコーヒーやお茶などのカフェインを含む飲料の飲む回数を決めるのが良いと思います。

大まかに1日に3杯のコーヒーは健康に良い影響を与えると言われていますが、それを超えて飲むと癌になる確率が上がるというデータもあります。

適度に制限をして、コーヒーと付き合っていくのが良いと思います。

手汗ランキング