首の痛み

首が痛い!それは手汗の原因かもしれません

手汗は、自律神経の不調によって発症する症状です。
そして、自律神経の不調の原因は多岐に渡ります。

不調の主な原因には、慢性的なストレスや、寝不足、内臓の病気、心の病などがあります。

また、この他にも様々な原因で自律神経の不調は起こります。

そんな、様々な原因の1つに首の痛みがあります。

首と手汗

一見全く関係が無いように見えますが、実は首の痛みが手汗の原因になっていることがあります。

この記事では、そんな首の痛み(コリ)と手汗の関係について解説していきます。

首の痛み(コリ)と手汗の関係

体の様々な機能を制御している自律神経は、脳→首→背骨と繋がっていて、そこから網の目のように各部に広がっていきます。

つまり、首や背骨を損傷すると、その中を通っている自律神経も損傷することがあるということです。

例えば、事故やトラブルによって首や背骨を損傷した場合や、普段の生活の中で首や背骨を痛めた際に起こります。

首や背骨を痛めた時には自律神経が損傷したことに気づかずに、後から判明することもあれば、ずっと判明しない場合もあります。

もし、首や背骨の損傷によって自律神経が損傷していて、それが原因で手汗が発症していると判明しないと、手汗の原因が分からず、とりあえず、手汗を止める手術をしたが、結局手汗は止まらなかった、、、ということにもなります。
また、首のコリが酷い人で手汗が多い人もいると言われています。

思い当たる方は整形外科へ

手汗に悩んでいて色々検査をしても原因が分からないままで、現在首や背骨が痛い、もしくは、過去に痛めたことがある方は整形外科にいって検査をされることをお勧めします。

整形外科は首、背骨と自律神経の関係を熟知しておりますので、相談してみれば、適切な回答をしてくれるはずです。

首の痛み(コリ)と手汗の関係についてまとめ

まとめ
手汗は様々な原因が考えられる症状です。

ここで紹介した首や背骨以外でも、何か普段と違う痛みや違和感を感じているなら、手汗とは関係ないだろう、と自分で決め付けずに、医師に伝えることが大切です。

それが、手汗の原因の特定に繋がります。

手汗ランキング