冬手汗

冬でも手汗が出る?

普段から大量の手汗に悩まされている人であれば、寒い季節の冬も大量の手汗をかいてしまうというのは納得できるかもしれません。
しかし、夏などの暑い季節でも手汗は気にならないという人が冬に多くの手汗をかいてしまうケースがあります。
こういった場合は、「なんで暑いときは手汗なんて気にならなかったのに、冬になって手汗が?」と疑問に思うかもしれませんね。

今回は冬と手汗の関係についてご紹介します。

どうして冬でも手汗が出るのか?

冬手汗の原因
冬ということに限って言えば、手汗が出てしまう原因は主に3つあります。

屋内と屋外の気温差
汗の分泌は体の自律神経が司っています。
この自律神経は交感神経副交感神経で構成されているのですが、
このふたつの神経のバランスが崩れる、交感神経の活動が極端に活発になってしまうと
手汗が大量に出るようになってしまいます。

冬の時期は屋内で暖房を使用しますよね。
そして、当たり前ですが冬は屋外はとても寒いですよね。

こういったことから屋内と屋外の気温差が非常に激しくなります。
この気温差に体が耐えられなくなると自律神経が乱れてしまい、冬なのに手汗をかいてしまうことがあるのです。

気圧
冬の時期は気圧が高くなるのはご存知ですか?
交感神経は気圧の影響を受けます。
そのため気圧が高くなると交感神経の活動が活発になり、冬でも手汗をかく原因となってしまうのです。

基礎代謝
基礎代謝は、人間が生きていくうえで最低限必要なエネルギーのことをいいます。
冬は気温が低くとても寒いですよね。
人間の体は気温が低いと体温を維持するために基礎代謝が上がるようになっています。
これが影響して手汗が出ることもあります。

このように夏などので暑い季節ではなく、いっけん汗とは無縁だと思われがちな冬でも手汗をかいてしまうことがあるんです。
また、人間の汗を分泌をコントロールする自律神経は、精神的な負担によっても乱れることがあります。
ストレスや緊張、不安などです。

冬場でもこういった精神的な負担が過度になれば、手汗が出てしまうことがあります。
まだまだ色んな手汗対処法があります!手汗さよならドットコム

手汗ランキング