手汗のかきすぎ

手汗のかきすぎ!これって何の病気?

手汗は誰でもかいてしまうものですが、人によっては「手汗をかきすぎて困っている…。」という場合も。
こういった場合は病気の可能性があります。

大量の手汗をかいてしまう手掌多汗症

手掌多汗症
手汗の量が多い場合、「手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)」という病気になっている可能性が最も高いかもしれません。
手掌多汗症の原因はまだはっきりとはわかっていません。
しかし、自律神経の交感神経という部分が過度に働いていることが原因だということは分かっています。

手掌多汗症にも症状によってレベルがあります。

レベル1…手のひらが汗で湿り気を帯びている状態
レベル2…手のひらに水滴ができる状態
レベル3…手のひらから手汗が垂れてきてしまう状態

レベル1程度の症状であればそこまで日常生活に支障は出ないかもしれません。
しかし、レベル2、レベル3の段階になってくると、様々な場面で苦労することがあるでしょう。
こういった症状が出るのであれば、一度病院を受診したほうがいいでしょう。

多汗症の原因となる病気

多汗症が疑われる病気
実は多汗症になる場合、その背景に違う病気が隠れていることもあるんです。

・急性リウマチ
・糖尿病
・生殖器障害
・プランマー病
・甲状腺機能亢進症(パセドー病)

上に紹介した病気はほんの一例です。
こういった病気が原因となり、多汗症になってしまうケースもあります。
しかし、こういった病気が原因で多汗症になる場合は、手汗が多くなるというより、全身の汗の量が多くなるケースがほとんどです。
そのため、手汗だけ多くかいてしまうという場合であればそこまで上のような病気を心配することはありません。
とは言ってもあくまで「可能性は低い」という意味なので、そこは勘違いしないようにしてください。

手汗を多くかいてしまい、日常生活に支障が出る場合は一度病院を受診することをおすすめします。
多くの場合が手掌多汗症ですが、中には他の病気が原因となっている場合があります。
病院に行くことで、自分の手汗の原因を知ることができればひとまず安心できるでしょう。
手汗対策をするには、まずその原因を知ることが大切です。

手汗ランキング