手汗ストレス

手汗が多い理由はストレス?

手汗で悩んでいる人は「なぜ自分だけこんなに手汗の量が多いんだろう…?」と悩んでいると思います。
手汗の量が多い原因はいくつかありますが、そのうちのひとつに過度なストレスがあります。

手汗とストレスの関係

ストレス関係
どうして過度なストレスが手汗と関係あるのでしょうか?

正確にいうと「過度なストレスによる自律神経の乱れ」が手汗の量を多くしているんです。

自律神経について簡単に説明しましょう。
自律神経は人間の循環器、呼吸器、消化器などの活動の調整などを行っている神経です。

この自律神経は、交感神経副交感神経という2種類の神経で構成されています。

交感神経は、人間が活動をしている状態のときに活発になります。
副交感神経は、交感神経の逆で人間がリラックスしているときや眠っているときなどに活発になります。

本来、この交感神経と副交感神経はバランスよく活動しています。
しかし、このふたつの神経のバランスが乱れてしまうことがあります。

人間はストレスを感じると交換神経の活動が活発になります。
適度なストレスであれば、交感神経と副交感神経のバランスが乱れることはありません。
しかし、ストレスが過度なものになると交感神経の活動が異常に活発になり、副交感神経とのバランスが崩れてしまうのです。

このように交感神経が活発になりすぎると汗の分泌をしているエクリン線の働きが異常に働いてしまい、
手汗の量が多くなってしまうというわけです。

自律神経の乱れにより手汗を減らすには?

ストレス
今回はストレスで交感神経の働きが活発になり手汗の量が多くなるとご紹介しました。
そのため、なるべくストレスを受け無いようにしたり、運動などをして上手にストレスを発散するようにすればいいでしょう。

また交感神経の働きが活発になって副交感神経の働きとのバランスが崩れるのであれば、
交感神経の働きと同じくらい副交感神経の働きを活発にするという解決法もあります。

副交感神経の働きを活発にする方法は、38度~40度くらいのぬるま湯のお風呂に浸かる、深い快適な睡眠を心がける、といったようなものがあります。
もし、過度なストレスに心当たりがあるという人がいればこういった方法を試してみるのもいいかもしれませんね。
まだまだ色んな手汗対処法があります!手汗さよならドットコム

手汗ランキング