手汗手術

見逃してはいけない!手汗手術の副作用

手汗が悩む人が本当に望んでいるのは「手汗が少なくなる」ことではなく「手汗が止まる」ということだと思います。
手汗対策用の制汗剤や病院での塩化アルミニウム液を使った治療などは、手汗が少なくはなりますが根本的な治療にはなりません。
その点、胸腔鏡下交感神経節遮断術(ETS手術)という手術をすればかなりの高い確率で手汗を止めることは可能です。
しかも、半永久的にです。

これは手汗に悩む人にとっては嬉しい話で、すぐに手術を受けたいと考える人も多いと思います。
しかし、安易に手術を受けるのはおすすめできません。

このETS手術には副作用(デメリット)があるからです。

ETS手術の副作用

手汗手術副作用
ETS手術の副作用をみていきましょう。

代償性発汗
ETS手術というのは、手汗の発生に関する神経を切断して強制的に手汗を止めてしまう方法です。
そのため、本来手から出ようとした汗は行き場を失ってしまい手以外の部分から外に出ようとします。

つまり、これまで手汗として出ていた汗が他の部位、胸や背中、お腹、お尻、太ももなどから出るようになってしまうのです。
ETS手術を受けると、この代償性発汗の症状が出てしまう可能性が高いのです。

味覚性発汗
辛いものなどを食べたら汗が出たという経験は、手汗がひどいひどくないに関わらず誰でもあると思います。
汗は味覚によっても出るものです。

本来は辛い物やすっぱいものなどを食べたときに味覚性発汗が起きます。
しかし、ETS手術を受けると甘いものなどを食べても汗をかいてしまうようになる可能性があるのです。

手の乾燥
ETS手術は手汗の量を少なくする手術ではなく、ほぼ完全に手汗を止める手術です。
そのため、ETS手術を受けると人によっては手の乾燥がひどくなり、冬場などは乾燥でひび割れをおこしてしまうこともあります。

ETS手術を受ける際は医師にしっかり相談を!

手汗手術医者に相談
ETS手術の副作用の度合いは、個人差があります。
副作用がひどいと手汗は止まっても、今度は違う部分で生活に支障をきたしてしまうようになることもあるのです。

ETS手術を今すぐうけて、早く手汗の苦しみから解放されたいという気持ちもよく分かります。
しかし、ETS手術を受ける前にはしっかり医師と副作用などについても相談して、本当に自分が納得できてから受けるようにしましょう。

また、手汗対策の最初は、簡単で使いやすい制汗パウダーなどが有効でしょう。
ただし、市販されている制汗パウダーは脇汗用が多いです。
手汗を抑える目的で制汗パウダーを購入するのならば、手汗専用パウダーファリネがよいでしょう。
手汗専用パウダーファリネHP:ファリネ
トップ:手汗さよならドットコム

手汗ランキング