イオントフォレーシス

手汗の治療法「イオントフォレーシス」

手汗の治療のひとつに「イオントフォレーシス」というものがあります。
手汗治療のための手術ではETSやボトックス注射なども有名ですが、
副作用があったり費用が高額な点がどうしてもネックですよね。

そういった人にはイオントフォレーシスはおすすめできるかもしれません。

イオントフォレーシスの仕組みは?

イオントフォレーシス仕組み
イオントフォレーシスは、弱い電流が流れている水に患部を20分程度浸しておく治療法です。
手汗が気になる場合は、手を弱い電流が流れている水に浸けるわけです。

たったこれだけでどうして手汗が止まるのか?と疑問に思うでしょう。

仕組みを簡単に説明すると、水の中に流れている電流が汗腺、つまり汗を出す線に作用して、穴を小さくして発汗を抑えてしまうというものです。
仕組みを説明してみると簡単ですが、この治療法で80~90%くらいの人が効果を実感しているというデータもあります。

電流と聞くと怖い気もしますが、実際に手をつけてみてもピリピリとした弱い刺激を感じる程度なのでそこまで怯える必要もありません。

どれくらいで効果が出る?

イオントフォレーシス効果
イオントフォレーシスは一回の治療は20分程度と短いのですが、
効果があらわれるまで集中的に治療をする必要があります。
治療の回数を重ねるごとに徐々に効果があらわれてくるようです。

また効果は永遠に続くわけではありません。
ずっと効果を持続させたいのであれば個人差もありますが、だいたい週に1回、もしくは2週間に1回といったペースでの治療が必要になるようです。

イオントフォレーシスの副作用は?

イオントフォレーシスには、嬉しいことにこれといった副作用はありません。
肌が弱い場合には、電流の刺激のせいで肌荒れを起こしてしまう可能性もありますが…。

ですが手術で代償性発汗が起きてしまうようなリスクはないということです。

気になる費用はどれくらい?

費用
イオントフォレーシスにかかる費用は安いです。
一回の治療がだいたい600円くらいですんでしまいます。
健康保険が適用されるため、こんな安い費用で治療を受けることができるんです。

効果があらわれるまでは集中して治療を受ける必要があるので少し費用はかさみますが、
1週間に1度治療を受けるとしても1ヶ月で2,400円程度しかかかりません。

イオントフォレーシスは、効果を持続させるためには月に数回病院に通う必要があります。
しかし、1回の治療費が安く、副作用の心配もほぼゼロ、効果も期待できる治療法です。

手汗に悩んでいるのであれば、一度検討してみてもいいかもしれませんね。
トップ:手汗さよならドットコム

手汗ランキング