多汗症

異常な手汗は病気かも?

寒くても暑くても手汗がダラダラと出て止まらない

手汗を止めなければ!と思っても、逆に手汗が異常に発汗される

と、いう方は多汗症という病気かもしれません。

そして、多汗症は様々な原因が考えられる病気です。
長く続くようなら本格的に原因を調べてみるのが良いと思います。

この記事では、手汗が異常に発汗する多汗症について解説していきます。

多汗症の原因

多汗症の原因は自律神経の不調です。

私達の体の、体温、動悸、汗、臓器の動きなど、私達が普段意識せずに自然に調節してくれている機能の多くは、自律神経が制御してくれています。

多汗症は、そんな自律神経の調子が何らかの理由で悪くなり、制御している機能の1つの汗の機能の制御が出来なくなっている状態です。

そのため、多汗症の症状を抑えるには、自律神経の治療が必要です。

多汗症の治療方法

手汗の多汗症の原因となる、自律神経の不調の原因は多岐に渡ります。

例えば
慢性的なストレス
慢性的な寝不足
内臓疾患
更年期障害

などによって引き起こされます。

可能性が多すぎて、手汗の多汗症の原因を自分で特定することも、自宅で自分で治療することも難しいです。

そのため、病院にいって専門医の助けを借りるのが良いと思います。

多汗症の予防方法

多汗症は多くの場合に、慢性的なストレスが原因と言われています。

現代社会で生きている限り、ストレスから解放されることは無いのではないかと思いますが、慢性的にストレスを受ける環境に身を置いているのなら、生活の中からストレスを遠ざける努力をするのが、手汗の多汗症の予防に効果的です。

また、生活の中でストレスを発散できるような趣味や楽しみを持つことも効果的です。

難しいとは思いますが、毎日ストレスを感じているのなら、貴方なりのストレスとの付き合い方を考える必要があると思います。

異常な手汗に要注意!多汗症の原因・治療・予防方法まとめ

まとめ

異常な手汗は多汗症という病気が考えられます。

長い期間手汗が続くようなら病院にいって相談するのが良いでしょう。

また、発汗される手汗から、独特な臭いがする場合は、内臓系の病気による手汗の可能性がありますので、速やかに病院に行きましょう。
手汗と内臓の病気の詳しい記事はこちら
内臓の病気も!?手汗と内臓の関係

手汗ランキング