緊張

緊張して汗が止まらない・・・原因と対処法について

緊張して手汗が凄い・・・
緊張して脇の汗が止まらない・・・

人は緊張すると、手・足・脇・顔などに汗をかきます。

汗の種類は、温熱性発汗味覚性発汗・精神性発汗の3種類に分類されます。

温熱性発汗とは

外気の温度(気温)が高い時やスポーツなどの運動をした時などのように体の温度が上がった時にそれを下げる為に出る汗の事です。
汗をかいたあとは体が冷えると良く言いますよね。

味覚性発汗とは

辛いものや刺激があるものを食べた時に出る汗の事です。
辛いラーメンや辛いカレーなどを食べた時に額から汗が止まらなくなった経験はありませんか?
このように辛いものなどを食べた時に出る汗を味覚性発汗といいます。

精神性発汗とは

精神性発汗は、読んで字のごとく緊張したときなどにかいてしまう汗の事です。
自律神経が乱れる事によっても汗が止まらないなどの症状が現れる事もあります。

緊張すると出る汗は?

汗の出る種類は先程3種類あると伝えましたので、緊張すると出る汗は精神性発汗だと理解頂けたと思います。

例えば、「異性と話しをする時に汗が出る」「仕事の面接などで汗が出る」「大勢の前でスピーチするときに汗が出る」この様な緊張する場面では誰でも汗がでてきます。
これは誰にでも起こりうる普通の事です。

ですが、その様な場面でも汗をなるべくかきたくないというのは誰でも同じ事。
そんな緊張した時に出る汗を少しでも止める方法をご紹介したいと思います。

緊張して止まらない汗を抑える方法

汗を少しでも止めるには、緊張やストレスを早く取り除いて上げる事が重要です。

大きく深呼吸(腹式呼吸)をしてリラックスする

深呼吸
緊張している時は自然と呼吸も乱れています。
呼吸が乱れると自律神経のバランスも崩れてしまうので、深呼吸(腹式呼吸)をすることによって自律神経を整えましょう。

発汗や自律神経に効くツボを押してみる

手汗ツボ労宮
緊張を早く沈め汗を抑えるには、ツボを押してみるのも効果的です。
こちらの、手軽に簡単!手汗を抑えるツボを覚えよう!でも書きましたが、合谷(ごうこく)手の甲の親指と人差し指の付け根の骨の間のツボや労宮(ろうきゅう)と呼ばれる手をグーに握って中指があたる場所のツボが汗や自律神経に効果があると言われています。

パウダータイプの制汗剤を使う

ファリネ
緊張した場面での汗が気になる場合は、パウダータイプの制汗剤を使うのがよいでしょう。
ただ、市販されているデオドラントスプレーだと脇にしか効果が無いものが多いです、手や足の汗も抑えるなら、ファリネの様な手・足・脇などに使えるパウダーを使ってみましょう。
市販されている制汗スプレーよりも、やっぱり手や足の汗に特化したパウダーの方がサラサラになっている時間が長いです。

余裕があるならデトランスα

デトランスαボトル
今すぐ汗を止めるとはいきませんが、制汗に効果が高いのはデトランスαでしょう。
汗の出る腺(汗腺)を塞ぐ塩化アルミニウムを配合しています。
脇用・手足用・敏感肌用と種類も豊富で、今までの制汗スプレーってなんだったのと思えるくらい汗が抑えられます。
私も色々な制汗剤を試していますが、デトランスα以上に汗が抑えられた製品はありません。(個人の感想です)

ただし、デトランスαの場合は今日塗ったからと言ってすぐに汗が抑えられる訳ではありません。
使い始めて効果がでるまで2~4日といったところでしょうか。(早い人は次の日から効果が出たという人もいます。)
汗が多い人でも1週間くらいで効果が現れると思います。

緊張する行事などが先で解っている時には、デトランスαを使って先に汗対策をしておいても良いと思います。

以上、緊張した時の汗を抑える方法でした。

30年間手汗に悩まされてきた私がお勧めする手汗に効く制汗剤ランキング

手汗ランキング